CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


読書の感想とメモです。
<< 真夜中のマーチ | TOP | 或る「小倉日記」伝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - |
さよなら渓谷
 ほぼジャケ買いだったのですが。当たりでした。
でもなんと感想を述べていいのやら、このずっしり胸に重いものをどう表現すればよいのやら・・・。
ただ悲しい。悲しいよ。
 
秋田連続児童殺害事件+大学集団暴行事件+映画「ゆれる」+東野圭吾「白夜行」を連想させるエピソードを軸に、一組の男女の関係性を淡々とつづった小説だったのですが、こんだけの要素をよくぞこのボリュームに収めたな、そして無駄なく簡潔にまとめたな、と感心しました。
そこから炙り出されたのは憎しみと愛情。両極端の振り幅で動く気持ち。引き裂かれそうな二律背反。
幸せに「ならない」ために一緒にいることを選んで、忘れないために生きていく。みたいな・・・。
愛と呼んでいいものかどうかすらわからないこの愛の形に、心がささくれ立ちました。しかも読んだ後もそのささくれが治ってくれないの!それなのに目が離せなかった・・・。
↑にも書いたけれど、尾崎とかなこの関係は「白夜行」の雪穂と亮司の関係に通じるものがあるような気がしました。
はぁ・・・。悲しい。でも二人のことを考えてしまう。ずっと。
 
  
吉田修一は好きな作家の一人なのですが、どの作品を読んでも、汗のにおいや湿気をはらんだ暑さ、息苦しさをいつも感じます。
今回はその苦しさが特に強かった。
この作品も映画化されるらしいのですが、この苦しさをめいっぱい映像でも表現してほすぃところです。
posted by ちょこれいとぼんぼん | 00:00 | 【小説】恋愛 |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:00 | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hacca-ep.jugem.jp/trackback/53
トラックバック